村上晴美研究室

Research
研究

これまでに行ってきた研究は、(1) 個人の人生の記録(人物に関連する情報の蓄積)、(2) 図書館における情報検索、(3) 日本人の歌の記憶と好み(休止中)に大別されます。

大学院における村上研究室の研究テーマは「情報検索(情報の抽出と整理)」です。 研究室では大学院生等を受け入れています。ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(1) 個人の人生の記録(人物に関連する情報の蓄積)

個人の人生を記録(人物に関連する情報を蓄積)することにより、情報学的に「人物(自己と他者)の理解」と「人生(よく生きること)」を支援したいと考えています。

テキスト・データからの人物(自己と他者)の理解

テキストやデータを情報源として人物を理解する手がかりを抽出することにより、該当人物を理解することを支援します。 個別課題として、(a) 個人の外化記憶の構築(Memory-Organizer)、(b) Web人物検索、(c) 政治家の意見抽出などの研究を行っています。

個人の外化記憶構築システム Memory-Organizer

screen

人間の情報処理過程をコンピュータ上に疑似的に蓄積することにより、自己の理解と、記憶の想起や個人的な情報へのアクセスを支援します。

Web人物検索

screen

Web人名検索結果を要約・可視化することにより、該当人物(自己と他者)の探索と理解を支援します。

Personal Time Machine Project

日記、写真、各種履歴データ(体調、旅行、ショッピングなど)などを収集して、個人の懐かしいタイムマシンを作ることを目指しています。現在の技術や環境ではシステム化が難しい部分について、日々データ蓄積を行っています。

FamilyRetriever: パーソナルアーカイブ

screen

人物に関連する情報を蓄積してを後世に残すための社会的なしくみを検討しています。プロトタイプの一つとして、法律に基づく親族検索システム FamilyRetriever を試作しました。

(2) 図書館における情報検索

図書館における情報検索に取り組んでいます。(a) 件名や分類を用いた情報検索、(b) 著者名検索、などの研究を行っています。

Subject World - 主題の世界 -

screen

Subject(主題/件名)による図書館資料をはじめとする情報検索のために、世の中に存在する用語(概念)体系の統合、可視化を目指しています。扱う概念体系として、図書館の世界に存在する件名や分類を対象としています。

(3) 日本人の歌の記憶と好み(休止中)

所属学協会(五十音順)

特許

外部資金

システム

基盤支援研究

村上研究室

過去の業務履歴

Publications
研究発表(種類別)

著書(分担執筆)

  1. 村上 晴美, 13章 記憶, pp.183-194, 及び, 研究風景11 日常生活における歌の記憶の研究, pp.235, 米谷 淳, 米澤 好史, 尾入 正哲, 神藤 貴昭編,『行動科学への招待 [改訂版] - 現代心理学のアプローチ』, 福村出版, 2012年1月.
  2. 村上 晴美, 4章 情報検索, 志村 尚夫, 天道 佐津子監修, 中山 伸一編,『情報メディアの活用と展開 改定版』, pp.49-72, 青弓社, 2009年3月.
  3. 村上 晴美, 4章 情報検索, 志村 尚夫, 天道 佐津子監修, 中山 伸一編,『情報メディアの活用と展開』, pp.49-71, 青弓社, 2003年10月.
  4. 村上 晴美, 12章 記憶, pp.178-190, 及び, 研究風景10 日常生活における歌の記憶の研究, pp.219, 米谷 淳, 米澤 好史編,「行動科学への招待 - 現代心理学のアプローチ」, 福村出版, 2001年4月.
  5. Harumi Murakami, Ryuta Taki, Toru Takashiro and Toyoaki Nishida, Chapter 5. Associative Representation for Personal Memory Management, in Toyoaki Nishida (Ed.), Dynamic Knowledge Interaction, pp.131-181, CRC Press, 2000年3月.
  6. 西田 豊明, 武田 英明, 岩爪 道昭, 鷹合 基行, 前田 晴美, 3章 知識コミュニティ: メディアに重点をおいたアプローチ, 西田 豊明, 富山 哲 男, 桐山 孝次, 武田 英明編,『工学知識のマネージメント』, pp.102-154, 朝倉書店,1998年11月.
  7. Toyoaki Nishida, Hideaki Takeda, Michiaki Iwazume, Harumi Maeda and Motoyuki Takaai, Chapter 5. The Knowledgeable Community: Facilitating Human Knowledge Sharing, pp.127-164, 及び, Yoshiyasu Nishibe, Ichiro Morihara, Fumio Hattori, Toshikazu Nishimura, Hirofumi Yamaki, Toru Ishida, Harumi Maeda and Toyoaki Nishida, Chapter 8. Mobile Digital Assistants for International Conferences, pp.127-164, in Toru Ishida (Ed.), Community Computing: Collaboration over Global Information Networks, John Wiley & Sons, July/1998.

論文誌(査読付)

  1. 村上 晴美, 浦 芳伸, 片岡 祐輔, Web上の人物への図書館の分類記号の付与と人物ディレクトリの開発, システム制御情報学会論文誌, Vol.29, No.2, pp.51-64, 2016年2月.
  2. Harumi Murakami and Kenta Mitsuhashi, A System for Creating User's Knowledge Space from Various Information Usages to Support Human Recollection, International Journal of Advancements in Computing Technology, Vol. 4, No. 22, pp. 496-508, December 2012 (invited paper).
  3. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, Web上の人物理解のための履歴書作成, 人工知能学会論文誌, Vol.25, No.1, pp.144-156, 2010年1月.
  4. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, Web上の同姓同名人物識別のための職業関連情報の抽出, システム制御情報学会論文誌, Vol.22, No.6, pp.229-240, 2009年6月.
  5. Hiroshi Ueda, Harumi Murakami and Shoji Tatsumi, Suggesting Subject Headings using Web Information Sources, Far East Journal of Experimental and Theoretical Artificial Intelligence, Vol.2, No.1, pp.25-45, August 2008.
  6. 上田 洋, 金田 千寿, 村上 晴美, 平方 善雄, 辰巳 昭治, 大阪市立大学携帯OPACの独自開発とその評価, 大学図書館研究, 82号, pp.40-50, 2008年3月.
  7. Harumi Murakami and Takashi Hirata, A System for Generating User's Chronological Interest Space from Web Browsing History, International Journal of Knowledge-Based and Intelligent Engineering Systems, Vol.8, No.3, pp.149-160, 2004.
  8. 村上 晴美, 米澤 好史, 日本人の歌の記憶 - 質問紙を用いたタイトルからの再生 -, 認知科学, Vol.9, No.2, pp.230-243, 2002年6月.
  9. 平田 高志, 村上 晴美, 西田豊明, 連想表現と分身エージェントを用いたコミュニティ における知識共有支援, 人工知能学会論文誌 Vol.16, No.2, pp.225-233, 2001年 3月.
  10. 村上 晴美, WWW上の知的情報検索 -現状の問題点と解決へのアプ ローチ-. 論集・図書館情報学研究の歩み第19集, pp.80-106, 日外アソシエー ツ, 1999年9月.
  11. 平田 高志, 村上 晴美, 西田 豊明, 連想表現を用いたコミュニティ における知識の視覚化とその評価 実験, システム制御情報学会論文誌,Vol.12, No.7, pp.428-436, 1999年7月.
  12. Harumi Maeda, Kazuto Koujitani and Toyoaki Nishida, Constructing Information Bases using Associative Structures, Applied Intelligence: The International Journal of Artificial Intelligence, Neural Networks, and Complex Problem-Solving Technologies, Vol.10, No.1, pp.85-99, January 1999.
  13. 石田 亨, 西村 俊和, 八槇 博史, 後藤 忠広, 西部 喜康, 和氣 弘明, 森 原 一郎, 服部 文夫, 西田 豊明, 武田 英明, 沢田 篤史, 前田 晴美, モバイルコンピューティングによる国際会議支援. 情報処理学会論文誌, Vol.39, No.10, pp.2855-2865, Oct/1998.
  14. 前田 晴美, 梶原 史雄, 足立 秀和, 沢田 篤史, 武田 英明, 西田 豊明, 弱い情報構造を用いたコミュ ニティの情報共有システム. システム制御情報学会論文誌, Vol.11, No.10, pp.568-575, 1998年10月.
  15. Yoshiyasu Nishibe, Hiroaki Waki, Ichiro Morihara, Fumio Hattori, Toru Ishida, Toshikazu Nishimura, Hirofumi Yamaki, Takaaki Komura, Nobuyasu Itoh, Tadahiro Gotoh, Toyoaki Nishida, Hideaki Takeda, Atsushi Sawada, Harumi Maeda, Masao Kajihara and Hidekazu Adachi, Mobile Digital Assistants for Community Support, AI Magazine, Vol.19, No.2, pp.31-49, Summer 1998.
  16. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊 明, 連想構造を用いた情報整理システム, 情報処理学会論文誌, Vol.38, No.3, pp.616-625. 1997年3月.
  17. 糀谷 和人, 前田 晴美, 西田 豊明, 弱構造知識メディアを用いた情報ベースの構築, Progress in Human Interface, Vol.5, No.2, pp.69-76. 1996年12月.
  18. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 情報ベースのユーザフレンドリなインタフェースのための連想構造 の提案. Progress in Human Interface, Vol.5, No.1, pp.49-56, 1996年8月.

国際会議(査読付)

  1. Masayuki Shimokura, Harumi Murakami, Assigning NDLSH Headings to People on the Web, AIRS 2017, 2017, accepted.
  2. Harumi Murakami, Toshimune Konishi, Yoshinobu Ura, Generating Wikipedia-Like Biographical Sentences from Web People Search Results, 2017 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2017, pp.992-993, Congress Center at ACT CITY Hamamatsu, Hamamatsu, Japan, 11 July 2017.
  3. Kuniko Yamada, Hiroshi Ueda, Harumi Murakami, Ikuo Oka, Presenting Mathematical Expression Images on Web to Support Mathematics Understanding, IEA/AIE 2017, Universite d'Artois, Arras, France, 30 June 2017. (In Benferhat, et al. (Eds.), Advances in Artificial Intelligence: From Theory to Practice 30th International Conference on Industrial Engineering and Other Applications of Applied Intelligent Systems, IEA/AIE 2017, Arras, France, June 27-30, 2017, Proceedings, Part II, Lecture Notes in Artificial Intelligence 10351, Springer, pp.40-46.)
  4. Gang Zhang, Harumi Murakami, Displaying People with Old Addresses on a Map, AIRS 2015, QUT, Brisbane, Australia, 2 December 2015. (In Zuccon et al. (Eds.), Information Retrieval Technology, 11th Asia Information Retrieval Societies Conference, AIRS 2015, Brisbane, QLD, Australia, December 2-4, 2015, Proceedings, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 9460, Springer, pp.381-386.)
  5. Harumi Murakami, Zhenguo Tang, Atsushi Kurihara, Design and Implementation of System for Exploring Subject Headings, Proceedings of the 78th ASIS&T Annual Meeting, Vol.51, Hyatt Regency St. Louis at the Arch, St. Louis, USA, 9 November 2015.
  6. Harumi Murakami, Chunliang Tang, Suang Wang, Hiroshi Ueda, Vitae and Map Display System for People on the Web, IEA/AIE 2014, Ambassador Kaohsiung, Kaohsiung, Taiwan, 05 June 2014. (In Ali et al. (Eds.), Modern Advances in Applied Intelligence, 27th International Conference on Industrial Engineering and Other Applications of Applied Intelligent Systems, IEA/AIE 2014, Kaousiung, Taiwan, June 3-6, 2014, Proceedings, Part II, Lecture Notes in Artificial Intelligence 8482, Springer, pp.348-359.) [acceptance rate: 36% (106/294)]
  7. Masaki Matsumoto, Sho Matsuura, Kenta Mitsuhashi and Harumi Murakami, Supporting Human Recollection of the Impressive Events Using the Number of Photos, ICAART 2014 - Proceedings of the 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, Vol.1, pp.538-543, ESEO, Angers, Loire Vallye, France, 7 Mar 2014.
  8. Harumi Murakami, Yoshinobu Ura and Yusuke Kataoka, Assigning Library Classification Numbers to People on the Web, AIRS 2013, Singapore, 9 Dec 2013. (In Banchs et al. (Eds.), Information Retrieval Technology, 9th Asia Information Retrieval Societies Conference, AIRS 2013, Singapore, December 9-11, 2013, Proceedings, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 8281, Springer, pp.464-475.)
  9. Kuniko Yamada, Hiroshi Ueda, Harumi Murakami and Ikuo Oka, Presenting Mathematical Web Pages for Understanding Lectures, SCIS-ISIS 2012, pp. 226-231, Kobe, Japan, 21 November 2012.
  10. Harumi Murakami and Yuki Miyake, How Do Humans Distinguish Different People with Identical Names on the Web?: A Cognitive Science Approach, Proceedings of the 21st ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2012), pp. 2475-2478, Maui, USA, 31 Oct 2012.
  11. Harumi Murakami, Kenta Mitsuhashi and Keita Senba, Creating User's Knowledge Space from Various Information Usages to Support Human Recollection, IEA/AIE 2012, Minzu Hotel, Dalian, China, 11 June 2012. (In Jiang et al. (Eds.), Advanced Research in Applied Artificial Intelligence, 25th International Conference on Industrial Engineering and Other Applications of Applied Intelligent Systems, IEA/AIE 2012, Dalian, China, June 2012 Proceedings, Lecture Notes in Artificial Intelligence 7345, Springer, pp.596-605.) [acceptance rate: 41% (82/198)]
  12. Harumi Murakami and Ning Zheng, Visualizing Family Trees: Development of a Dynamic Family Retrieval System, CSCW 2012 5th Workshop on Personal Information Management (PIM 2012), Hyatt Regency Bellevue, Seattle, USA, 12 February 2012.
  13. Harumi Murakami and Yoshinobu Ura, People Search using NDC Classification System, Proceedings of the Fourth Workshop on Exploiting Semantic Annotations in Information Retrieval (ESAIR 2011), pp.13-14, Glasgow, UK, 28 October 2011.
  14. Harumi Murakami, Ryota Kyogoku and Hiroshi Ueda, Creating Character Connections from Manga, Proceedings of the 3rd International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2011) Volume 1 Artificial Intelligence, pp.677-680, Rome, Italy, 2011年1月30日.
  15. Harumi Murakami, History Structure for Exploring Desktop Data, Proceedings of the SIGIR 2010 Workshop on Desktop Search (Understanding, Supporting and Evaluating Personal Data Search), pp.25-26, University of Geneva, Geneva, Switzerland, 23 July 2010.
  16. Harumi Murakami, Hiroshi Ueda, Shin'ichi Kataoka, Yuya Takamori and Shoji Tatsumi, Summarizing and Visualizing Web People Search Results, Proceedings of the 2nd International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2010) Volume 1 Artificial Intelligence, pp.640-643, 24/Jan/2010.
  17. Harumi Murakami, Yuya Takamori, Hiroshi Ueda and Shoji Tatsumi, Assigning Location Information to Display Individuals on a Map for Web People Search Results, Proceedings of The Fifth Asia Information Retrieval Symposium (AIRS 2009), Hokkaido University, Sapporo, Japan, 21 October 2009. (In Lee et al. (Eds.), Information Retrieval Technology, Lecture Notes in Computer Science 5839, Springer, pp.26-37.) [acceptance rate: 22%]
  18. Hiroshi Ueda, Harumi Murakami and Shoji Tatsumi, Assigning Vocation-Related Information to Person Clusters for Web People Search Results, Proceedings of the 2009 Global Congress on Intelligent Systems (GCIS 2009), Vol.4, pp.248-253, Xianglu Grand Hotel, Xiamen, China, 2009年5月20日.
  19. Harumi Murakami and Chizu Kanata, Transaction Log Analysis of a Japanese Mobile Phone OPAC, Proceedings of the Sixth International Conference on Cognitive Science (ICCS 2008), pp.433-436, Yonsei University, Seoul, Korea, 2008年7月28日.
  20. Hiroshi Ueda and Harumi Murakami, Suggesting Japanese Subject Headings using Web Information Resources, ASIST 2006 Proceedings of the 69th Annual Meeting, Vol.43, Austin, United States, 2006年11月6日
  21. Harumi Murakami, Hiroshi Ueda and Takashi Hirata, An approach to Exploring Subject Headings and Classifications, World Library and Information Congress: 72nd IFLA general Conference and Councel, Seoul, Korea, August, 2006年8月22,23日.
  22. MURAKAMI Harumi, HIRATA Takashi and KITA Katsuichi, Subject World: A System for Visualizing OPAC, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, pp.237-240, 及び, Proceedings of PNC Annual Conference and Joint Meetings 2002, 大阪市立大学, 2002年9月22日.
  23. MURAKAMI Harumi and HIRATA Takashi, Finding your Interests from your History of Web Browsing, Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Science (ICCS 2001), p.127, Beijing, China, 2001年8月28日.
  24. Takshi Hirata, Harumi Murakami, Toyoaki Nishida and Shunsuke Uemura, Constructing and Sharing Everyday Memory for Community Knowledge Co-evolution, Proceedings Fourth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems & Allied Technologies (KES2000), 1, pp.76-79, Brighton, United Kingdom, 2000年 8月31日.
  25. MURAKAMI Harumi and YONEZAWA Yoshifumi, Memory for Japanese Words of Songs in Everyday Life, XXVII International Congress of Psychology (ICP2000), Stockholm, Sweden, 2000年7月28日, (アブストラク トは, International Journal of Psychology, 35, 3/4, pp.450-451, June-August, 2000.に掲載された.).
  26. 村上 晴美, 日本語の歌詞の長期記憶における構成的処理?「螢の光」と「仰げば尊し」を題材と して?. The Second International Conference on Cognitive Science and The 16th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Science Society Joint Conference (ICCS/JCSS99) (第2回国際認知科学会/第16回日本認知科 学会大会), pp.842-845, Tokyo, Japan, 1999年7月28日.
  27. Takashi Hirata, Harumi Maeda and Toyoaki Nishida, Visualization of Community Knowledge Interaction Using Associative Representation, First International Conference on Discovery Science (DS'98), 1998年12月14-16日, Fukuoka, Japan. (In Setsuo Arikawa and Hiroshi Motoda (Ed.), Discovery Science, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1532, Springer-Verlag, pp.117-128として出版された)
  28. NAGATA Yoshikatsu, SHIBAYAMA Mamoru, KITA Katsuichi and MAEDA Harumi, Retrieval System for the Microfilm Image Databases in the Media Center, Osaka City University. Proceedings of International Joint Workshop on Digital Libraries (IJWDL'98), pp.65-71, Bangkok, Thailand, 1998年9月9日.
  29. Toyoaki Nishida, Takashi Hirata and Harumi Maeda, CoMeMo-MysticSalon: a system for supporting community knowledge evolution. First Kyoto Meeting on "Social Interaction and CommunityWare," Kyoto, Japan, 1998年6月. (修正, 改題されてから CoMeMo-Community: A System for Supporting Community Knowledge Evolution, In Toru Ishida (Ed.), Community Computing and Support Systems, Lecture Notes in Computer Science, Vol.1519, pp.183-200, Springer-Verlag として出版された)
  30. Harumi Maeda and Toyoaki Nishida, Generating and Understanding Weak Information Structures by Humans. IASTED International Conference ``Artificial Intelligence and Soft Computing (ASC'98)'', pp.74-78, Cancun, Mexico, 1998年5月28日.
  31. Toyoaki Nishida, Hideaki Takeda, Michiaki Iwazume, Harumi Maeda and Motoyuki Takaai, The Knowledgeable Community - Facilitating the Knowledge Process by Humans and Computers - Proceedings Second International Conference on Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems (KES'98), Vol.1, pp.23-32, Adelaide, Australia, 1998年4月22日. (招待講演)
  32. Takashi Hirata, Harumi Maeda and Toyoaki Nishida, Facilitating Community Awareness with Associative Representation. Proceedings Second International Conference on Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems (KES'98), Vol.1, pp.411-416, Adelaide, Australia, 1998年4月21日.
  33. Harumi Maeda, Masao Kajihara, Hidekazu Adachi, Atsushi Sawada, Hideaki Takeda and Toyoaki Nishida, A System for Community Information Sharing and its Evaluation at an International Conference. Proceedings Second International Conference on Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems (KES'98), Vol.1, pp.405-410, Adelaide, Australia, 1998年4月21日.
  34. Harumi Maeda, Takashi Hirata, Kazuto Koujitani and Toyoaki Nishida, An Information Representaion for Concept Formation. Proceedings First International Workshop on Strategic Knowledge and Concept Formation (SKW-97), pp.193-204, Edited by Linda Candy and Koichi Hori, Loughborough University, Loughborough, United Kingdom. 1997年11月19日.
  35. Harumi Maeda, Takashi Hirata and Toyoaki Nishida, CoMeMo:Constructing and Sharing Everyday Memory. Proceedings of the Ninth International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI'97), pp.23-30, Newport Marriott, California, USA. 1997年11月5日.
  36. Harumi Maeda, Masao Kajihara, Hidekazu Adachi, Atsushi Sawada, Hideaki Takeda and Toyoaki Nishida, Weak Information Structure for Human Information Sharing. Working Notes for the IJCAI-97 International Workshop on Social Interaction and CommunityWare, pp.7-12, Nagoya Congress Center, Nagoya, Japan. 1997年8月25日.
  37. Harumi Maeda, Kazuto Koujitani and Toyoaki Nishida, Utility of Weakly Structured Memory Organization for Integrating Heterogeneous Information. Proceedings of the IASTED International Conference ``Artificial Intelligence and Soft Computing (ASC'97)'', pp.284-287, Banff Centre, Banff, Canada. IASTED ACTA Press, 1997年7月 30日.
  38. Harumi Maeda, Kazuto Koujitani and Toyoaki Nishida, A Knolwedge Media Approach Using Associative Representation for Constructing Information Bases. Proceedings of The Ninth International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems (IEA/AIE-96), pp.117-126, ACROS Fukuoka, Fukuoka, Japan. Gordon and Breach Publishers, 1996年6月 5日.

解説(招待)(緩やかな査読付)

  1. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, 著者名典拠作成の自動化を目指して, TP & Dフォーラムシリーズ(整理技術・情報管理等研究論集), 第20号, pp.18-34, 2012年3月.
  2. 村上 晴美, 平田 高志, 上田 洋, Subject World - 主題の世界 -, 情報の科学と技術, Vol.54, No.11, pp.568-574, 2004年11月. (3.5MB)
  3. 西田 豊明, 前田 晴美, 平田 高志, 日常記憶の共有によるコミュ ニティインタラクション支援をめざして - CoMeMo. システム/制御/情報, Vol.41, No.8, pp.303-308, 1997年8月.

紀要論文・テクニカルレポート(緩やかな査読付)

  1. 石上 和也, 村上 晴美, 電子音響音楽理解のための演奏支援ツールの開発と実験, 情報学, Vol.5, No.1, 2009年3月.
  2. 村上 幸二, 村上 晴美, NDCカテゴリを用いた複数件名検索システムの開発, 情報学, Vol.4, No.2, 2008年3月.
  3. 金田 千寿, 村上 晴美, 大阪市立大学携帯OPACの2005年のログ分析, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要・情報学研究, 第8巻, pp.35-40, 2007年3月.
  4. 村上 晴美, 日本国民のパーソナルアーカイブ構想(3) -「パーソナルアーカイブ」とは何か: Web上の「パーソナルアーカイブ概念」-, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要・情報学研究, 第8巻, pp.19-23, 2007年3月.
  5. 上田 洋, 村上 晴美, Ajaxを用いたNDC検索システムの試作, 情報学, Vol.3, No.1, 2006年3月.
  6. 村上 晴美, 図書館情報学部門村上研究室における基盤支援システム, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要・情報学研究, 第6巻, pp.23-26, 2005年3月.
  7. 村上 晴美, 上田 洋, Subject World新機能 - NDC検索, 書籍検索, Web検索 -, 情報学, Vol.1, No.1, 2004年3月. (0.5MB) (8MB)
  8. MURAKAMI Harumi and HIRATA Takashi, Supporting Recall of Web Browsing History by Generating User's Knowledge Space, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要・情報学研究, 第5巻, pp.21-26, 2004年3月.
  9. 村上 晴美, 平田 高志, Webにおけるリンク選択行動からユーザの時系列の興味空間を作成するシステム, 日本認知科学会テクニカルレポート, JCSS-TR-47, pp.1-12, 2003年9月.
  10. 村上 晴美, 平田 高志, Talking-永田町 - 政治家エージェントの 疑似会話システム -, 川村 洋次, 浜田 秀, 村上 晴美編, 文学と認知・コンピュータ16 - 社会がつくる物語 -, pp.61-64, 日本認知科学会テクニカルレポート, JCSS-TR-45, 2003年3月.
  11. 平田 高志, 村上 晴美, 携帯型外化記憶構築システムの試作, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要, 第4巻, pp.45-50, 2003年3月.
  12. MURAKAMI Harumi, HIRATA Takashi, Talking-NAGATACHO: A Virtual Dialog System for Politician Agents, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要, 第4巻, pp.37-44, 2003年3月
  13. MURAKAMI Harumi and HIRATA Takashi, Information Acquisition and Reorganization from the WWW by using Memory-Organizer, 大阪市立 大学学術情報総合センター紀要, 第3巻, pp.9-14, 2002年3月.
  14. MURAKAMI Harumi, Cognitive Experiment on Generation and Understanding of Associative Representation, 大阪市立大学学術情報総合 センター紀要, 第2巻, pp.3-10, 2001年3月.
  15. 村上 晴美, 米澤 好史, 日本語の歌詞の再生モデル, 川村 洋次, 浜田 秀, 小方 孝編, 文学と認知・コンピュータ6 - ことばと文学 -, pp.148-155, 日本認知科学会テクニカルレポート, JCSS-TR-32, 2000年4月.
  16. 北 克一, 永田 好克, 村上 晴美, 図書館情報学部門における電子図書館への現状の取組み, 大阪 市立大学学術情報総合センター紀要, 第1巻, pp.26-31, 2000年3月.
  17. 村上 晴美, 米澤 好史, 日本の大学生300人の「君が 代」の歌詞の記憶, 日本認知科学会テクニカルレポート, JCSS-TR-31, 1999年 9月. PS

学会発表

  1. 下倉 雅行, 村上 晴美, Web上の人物へのNDLSHの付与, 2017年度人工知能学会全国大会(第31回), ウインクあいち, 2017年5月23日.
  2. 金塚 徳一, 張 鋼, 村上 晴美, 昔の大学の住所の地図上への表示, 電子情報通信学会 2017年総合大会 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, pp. 97, 名城大学, 2017年3月22日.
  3. 村上 晴美, 小西 利宗, 浦 芳伸, Web上の人物の概要文の作成, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回), 北九州国際会議場, 2016年6月8日.
  4. 渡部 秀太, 橋本 悠佑, 村上 晴美, 記憶想起支援のためのキーワード抽出手法の改善, 情報処理学会第78回全国大会講演論文集, 慶応義塾大学, 2016年 3月12日.
  5. 長岡 祐介, 京極 亮太, 村上 晴美, コミックのコマとセリフに着目した登場人物相関図の作成, HCGシンポジウム2015論文集, pp. 12-13, 富山国際会議場, 2015年12月16日.
  6. 張 鋼, 村上 晴美, 昔の住所を持つ人物の地図上への表示, FIT2015(第14回情報科学技術フォーラム)講演論文集, 第2分冊, pp. 115-116, 愛媛大学, 2015年9月17日.
  7. 山田 奉子, 上田 洋, 村上 晴美, 岡 育生, 数学理解を支援するWeb上の数式画像の提示, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回), 公立はこだて未来大学, 2015年5月31日.
  8. 村上 晴美, 唐 振国, 栗原 篤, 件名標目の可視化デザインの調査と試作, 2015年度日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集, pp.41-44, 京都ノートルダム女子大学, 2015年5月30日.
  9. 下倉 雅行, 大国 航, 島袋 舞子, 兼宗 進, 村上 晴美, 学習分野を考慮したインターネット検索の提案, 情報処理学会研究報告 Vol.2015, No.16, pp.1-8, 情報処理学会コンピュータと教育研究会129回研究発表会, 筑波大学, 2015年3月22日.
  10. 松浦 翔, 松本 若樹, 村上 晴美, タグクラウドを用いた記憶の想起支援, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 京都大学, 2015年3月18日.
  11. 大国 航, 下倉 雅行, 島袋 舞子, 兼宗 進, 村上 晴美, 電子教科書の学習分野を考慮したインターネット検索の提案, 2014年度JSiSE学生研究発表会, 関西学院大学, 2015年3月7日.
  12. 下倉 雅行, 大国 航, 島袋 舞子, 兼宗 進, 村上 晴美, 電子教科書で利用可能な分野判定検索の提案, 情報教育シンポジウム論文集2014, pp. 219-222, オリビアン小豆島, 2014年8月25日.
  13. 山田 奉子, 上田 洋, 村上 晴美, 岡 育生, 数学理解を支援するWeb上の数式画像の検索, 2014年度人工知能学会全国大会(第28回), ひめぎんホール, 2014年5月13日.
  14. 松本 若樹, 松浦 翔, 村上 晴美, 写真の枚数を用いた記憶の想起支援, 情報処理学会第76回全国大会講演論文集, 東京電機大学, 2014年3月11日. [情報処理学会 全国大会学生奨励賞]
  15. 唐 春亮, 王 爽, 上田 洋, 村上 晴美, Web上の人物履歴情報の地図表示システム, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回), 富山国際会議場, 2013年6月5, 6日.
  16. 村上 晴美, 個人の人生の記録, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回), 富山国際会議場, 2013年6月5日.
  17. 片岡 祐輔, 浦 芳伸, 村上 晴美, NDCを用いた人物ディレクトリの評価実験, 電子情報通信学会 2013年総合大会 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, pp.34, 岐阜大学, 2013年3月19日.
  18. 王 爽, 浦 芳伸, 上田 洋, 村上 晴美, Web上の人物履歴情報の地図上への表示, 電子情報通信学会 2012年総合大会 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, pp.99, 岡山大学, 2012年3月21日.
  19. 仙波 圭大, 三橋 謙太, 村上 晴美, 多様な情報源の統合と知識空間の作成による記憶想起支援, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)論文集, いわて県民情報交流センター, 2011年6月1日.
  20. 三宅 悠生, 村上 晴美, 人はWeb上の同姓同名人物をどのように判別しているのか, 電子情報通信学会第二種研究会資料(第19回Webインテリジェンスとインタラクション研究会), pp.73-76, 学術総合センター, 2011年3月8日.
  21. 浦 芳伸, 村上 晴美, NDCを用いた人物ディレクトリの開発, 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, Vol.1, pp.651-652, 2011年3月4日.
  22. 鄭 寧, 村上 晴美, 家系図の視覚化:時系列の直系検索機能を持つ親族検索システム, 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, Vol.4, pp.585-586, 2011年3月3日. [情報処理学会推奨 修士論文認定]
  23. 三橋 謙太, 村上 晴美, 一日の要約:一日分の履歴からの知識空間の作成, 電子情報通信学会第二種研究会資料(第18回Webインテリジェンスとインタラクション研究会), pp.47-48, 国際佐渡観光ホテル, 2010年9月16日.
  24. 京極 亮太, 上田 洋, 村上 晴美, コミックからの登場人物相関図の作成, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, Vol.2, pp.555-556, 2010年3月9日.
  25. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, 集中型横断検索システムのための自動書誌同定処理の検討, 第57回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, pp.29-32, 明治大学, 2009年10月31日.
  26. 村上 晴美, 上田 洋, Web人名検索結果の要約と可視化を目指して, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回)論文集, サンポートホール高松(高松市), 2009年6月18日.
  27. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, Webからの履歴書作成のためのイベント情報の抽出, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回)論文集, サンポートホール高松(高松市), 2009年6月19日.
  28. 西村 昌和, 酒井 隆行, 村上 晴美, 新聞記事からの法案の賛否に関する意見抽出, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回)論文集, サンポートホール高松(高松市), 2009年6月19日.
  29. 石上 和也, 村上 晴美, 電子音響音楽の演奏支援ツールの開発, 電子情報通信学会情報・システムソサエティ誌2009年総合大会特別号, pp.76, 愛媛大学, 2009年3月18日.
  30. 高守 雄也, 上田 洋, 村上 晴美, Webページからの人物に関する位置情報の抽出, 情報処理学会第71回全国大会(平成21年)講演論文集, 1, pp.625-626, 立命館大学, 2009年3月10日.
  31. 村上 晴美, FamilyRetriever: 戸籍に基づく家族検索システム, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回)論文集, ときわ市民ホール/勤労者福祉会館(旭川市), 2008年6月13日.
  32. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, Web上の同姓同名人物識別のための職業関連情報の抽出, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回)論文集, ときわ市民ホール/勤労者福祉会館(旭川市), 2008年6月12日.
  33. 山田 奉子, 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, 工学系シラバスに関連した数学ウェブページ群の提示, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回)論文集, ときわ市民ホール/勤労者福祉会館(旭川市), 2008年6月12日.
  34. 片岡 真一, 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, 人物名に着目した二段階クラスタリングによるWeb上の同姓同名人物の分離, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回)論文集, ときわ市民ホール/勤労者福祉会館(旭川市), 2008年6月11日.
  35. 宮原 良一, 村上 晴美, タグクラウドを用いたメールマガジンの視覚化, 情報処理学会第70回全国大会(平成20年)講演論文集, 2008年3月15日.
  36. 酒井 隆行, 村上 晴美, 新聞記事からの政治家の意見抽出, 情報処理学会第70回全国大会(平成20年)講演論文集, 2008年3月15日.
  37. 伊東 美沙貴, 村上 晴美, 中野 秀男, 動画配信があるWebコンテンツにおけるユーザビリティガイドラインの提案, 情報処理学会関西支部大会, 2007年10月29日.
  38. 村上 晴美, 大学新入生における携帯OPACの利用意向, 第55回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, pp.105-108, 鶴見大学, 2007年10月14日.
  39. 上田 洋, 村上 晴美, Web上の同姓同名人物を分離して人物属性情報を表示するシステム, 2007年度人工知能学会全国大会(第21回)論文集, ワールドコンベンションセンターサミット, 2007年6月22日.
  40. 山田 奉子, 上田 洋, 村上 晴美, 授業理解のための数学ウェブページの提示, 2007年度人工知能学会全国大会(第21回)論文集, ワールドコンベンションセンターサミット, 2007年6月20日.   
  41. 上田 洋, 村上 晴美, Amazon著者名検索結果の同名異人毎への自動分類, 2007年日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱, pp.47-50, 大阪市立大学, 2007年3月31日.
  42. 村上 晴美, 日本国民のパーソナルアーカイブ構想(2) - 個人基本データ検索機能の検討 -, 第58回デジタルドキュメント・第34回電子化知的財産・社会基盤合同研究発表会, 情報処理学会研究報告, Vol.2006, No.128, pp.45-52, 松下電工, 2006年11月30日.
  43. 上田 洋, 福居 和男, 宮原 良一, 村上 晴美, メールテキストを 用いた検索エンジンの検索結果の並び替え, FIT2006, 福岡大学, 2006年9月7日.
  44. 上田 洋, 村上 晴美, 蔵書検索のためのWeb情報源を用いた件名の 提案, 情報処理学会研究報告 Vol.2006, No.59, pp.17-24, 情報処理学会第83 回情報学基礎研究会, 首都大学東京, 2006年5月30日.
  45. 村上 晴美, 日本国民のパーソナルアーカイブ構想, 情報処理学会研究報告, Vol.2006, No.31, pp.41-46, 情報処理学会第31回電子化知的財産・社会基盤研究会, 大阪市立大学, 2006年3月18日.
  46. 上田 洋, 村上 晴美, Web情報資源を用いた件名と分類の提案, 日本図書館情報学会, 三田図書館・情報学会合同研究大会発表要綱2005, pp.157-160, 慶應義塾大学, 2005年10月23日.
  47. 村上 晴美, 平田 高志, Memory-Organizerの日常生活における使用実験, 2005年度人工知能学会(第19回)全国大会論文集, 3A3-10, 北九州国際会議場, 2005年6月17日.
  48. 上田 洋, 村上 晴美, 携帯OPACの高度化 - 主題検索, 配置画像表示, 内容表示機能の試作 -, 2005年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱, pp.67-70, 専修大学, 2005年5月28日.
  49. 上田 洋, 村上 晴美, 関連語提示機能付携帯OPACの試作, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, pp.189-194, 立命館大学, 2004年12月10日.
  50. 村上 晴美, 上田 洋, Subject Worldにおける概念体系表示のための一検討 - BSH4の表示方式 -, 情報処理学会研究報告 Vol.2004, No.78, pp.55-60, 情報処理学会第63回人文科学とコンピュータ研究会, 岩手大学, 2004年7月30日.
  51. 村上 晴美, 平田 高志, 記憶を中心とする人生の記録 - ユーザの知識空間の作成によるWebブラウジング履歴の想起支援 -, 情報処理学会研究報告 Vol.2004, No.7, pp.19-24, 情報処理学会第61回人文科学とコンピュータ研究会, 山口大学, 2004年1月23日.
  52. 村上 晴美, 米澤 好史, 一番好きな歌・嫌いな歌 - 大学生の調査より -, 日本 心理学会第66回大会発表論文集, pp.936, 広島大学, 2002年9月27日.
  53. 村上 晴美, デジタルセルフ研究 - 自己の理解を目指して -, 2002年度人工知能学会全国大会(第16回)論文集, 3F2-07, 国立情報学研究所, 2002年5月31日.
  54. 村上 晴美, Webブラウジング履歴からの自己の興味の理解, 日本 心理学会第65回大会発表論文集, p.9, 筑波大学, 2001年11月8日.
  55. 村上 晴美, 平田 高志, 北 克一, 主題検索のためのOPAC動的可視化システム, 第49回日本図書館情報学会研究大会, pp.79-82, 愛知淑徳大学, 2001年10月21日.
  56. 村上 晴美, 平田 高志, Talking-永田町 - 政治家エージェントの 疑似会話システム -, 日本認知科学会「文学と認知・コンピュータ研究分科会」 第11回定例研究会 in 奈良'01夏, ワークショップ「社会がつくる物語」, 2001年7月21日. (修正版は日本認知科学会テクニカルレポートとして出版された.)
  57. 村上 晴美, 平田 高志, Memory-Organizer: 個人の外化記憶構築システム, 2001年度人工知能学会全国大会(第15回)論文集, 3F1-03, 島根県民会館, 2001年5月25日.
  58. 村上 晴美, 平田 高志, 北 克一, Subject World: 主題の世界 - 異なる概念体系の統合に基づく主題検索を目指して -, 情報処理学会第62回 (平成13年前期)全国大会講演論文集(3), pp.211-212, 慶應義塾大学, 2001年3 月14日.
  59. 村上 晴美, 平田 高志, WWWからの情報獲得・整理支援 - 思考・興味空間ブラウザ -, 情報処理学会研究報告 Vol.2001, No.20, pp.167-174, 情報処理学会第61回情報学基礎研究会第142回自然言語処理研究会合同研究会, NTT横須賀研究開発センタ, 2001年3月6日.
  60. 村上 晴美, 米澤 好史, 大学生の歌の記憶 - 唱歌と童謡を中心として -, 日本心理学会第64回大会発表論文集, p.732, 京都大学, 2000年11月 7日.
  61. 村上 晴美, 米澤 好史, 日本人は歌のどの部分を覚えているのか? - 唱歌と童謡を題材として-, 情報処理学会研究報告 Vol.2000, No.100, pp.17-24, 情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会, 新潟大学, 2000年10 月27日.
  62. 平田 高志, 村上 晴美, 西田 豊 明, 植村 俊亮, 連想表現を用いた創造的思考環境, 2000年度人工知 能学会全国大会(第14回)論文集, pp.359-360, 早稲田大学, 2000年7月5日.
  63. 村上 晴美, 米澤 好史, 日本語の歌詞の再生モデル, 人工知能学会第3回ことば工学研究会資料 SIG-LSE-9903 (日本認知科学会「文学 と認知・コンピュータ」研究分科会と共催), 大阪大学, 1999年12月4日. (修正版は日本認知科学会テクニカルレポートとして出版された.)
  64. 村上 晴美, 米澤 好史, 質問紙による歌詞の再生に基づく歌の記憶へのアプローチ, 日本音響学会 音楽音響研究会資料 MA99-33 日本音楽知覚 認知学会平成11年度秋季研究発表会資料, pp.89-96, 京都市立芸術大学, 1999 年11月28日.
  65. 平田 高志, 前田 晴美, 西田 豊明, 連想表現を用いたコミュニティ支援 - 自己開示と知識共有 -,第 4回知能情報メディアシンポジウム, pp.53-60, 慶應義塾大学, 1998年12月.
  66. 前田 晴美, WWW上の知的情報検索システムに関する一考察, 第46回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, 青山学院大学, 1998年11月7日, pp.35-38.
  67. 平田 高志, 前田 晴美, 西田 豊明, コミュニティにおける連想表現 を用いた自己開示と知識共有, 第34回人工知能基礎論研究会資料 pp.63-68, 北陸先端科学技術大学院大学, 1998年9月25日.
  68. 平田 高志, 前田 晴美, 西田 豊明, 連想表現を用いたコミュニティ の知識共有システム. 人工知能学会全国大会(第12回)論文集 pp.430-433,早稲 田大学. 1998年6月18日.
  69. 前田 晴美, 西田 豊明, 連想構造を用いた思考の外化支援. 教育工学関連学協会連合第5回全国大会講演論文集(第一分冊), p.451, ワークショップ「学習支援における可視化技術(Visualiation)」話題提供, 電気通信大学. 1997年9月11日.
  70. 平田 高志, 前田 晴美, 西田 豊明, 弱い情報構造を用いた情報整理支援. 人工知能学会全国大会(第 11回)論文集 pp.340-343, 早稲田大学. 1997年6月26日.
  71. 前田 晴美, 西田 豊明, 弱い情報構造に関する評価実験. 人工知能学会全国大会(第11回)論文集 pp.344-347, 早稲田大学. 1997年6月26日.
  72. 前田 晴美, 梶原 史雄, 足立 秀和, 沢田 篤史, 武田 英明, 西田 豊明, 弱い情報構造を用いたコミュニティの情報共有支援. 情報処理学会研 究報告 Vol.97, No.54, pp.25-30, 情報処理学会モーバイルコンピューティン グ研究会. 情報処理学会. 1997年5月30日.
  73. 平田 高志, 前田 晴美, 西田 豊明, 弱い構造を使った情報収集と整理. 情報処理学会第54回全国大会 講演論文集(3) pp.285-286, 千葉工業大学, 1997年3月12日.
  74. 前田 晴美, 梶原 史雄, 足立 秀和, 沢田 篤史, 武田 英明, 西田 豊明, InfoCommon: コミュニティにおける情報共有の支援 - ICMAS'96 Mobile Assistant Project 情報共有サービス -. 情報処理学会第54回全国大会講演論 文集(4) pp.393-394, 千葉工業大学, 1997年3月12日.
  75. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 既存の雑多な情報を統合するた めの連想構造の提案. 情報処理学会研究報告 96-FI-42, pp.1-8, 情報処理学会基礎学研究会. 奈良先端科学技術大学院大学, 1996年7月25日.
  76. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 連想構造を用いたWWWからの情報抽出と整理. インターネットコ ンファレンス'96論文集, pp.67-72, コクヨホール, 1996年7月11日.
  77. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 連想構造を用いた情報収集・整理支援. 人工知能学会全国大会 (第10回)論文集 pp.565-568, 早稲田大学, 1996年6月25日.
  78. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 概念の連想表現に基づく情報空間形成支援. 計測制御自動学会第 18回システム工学部研究会「発想支援技術」pp.5-12, 鹿児島大学, 1995年 12月14日.
  79. 糀谷 和人, 前田 晴美, 西田 豊明, 文脈メディアによる弱構造情報 の提示と構造化. 第11回ヒューマンインタフェース・シンポジウム論文集, pp.589-594, 京都リサーチパーク, 1995年10月20日.
  80. 前田 晴美, 西田 豊明, 知識メディアシステムCM-2とそのユーザイ ンタフェース. 第11回ヒューマンインタフェース・シンポジウム論文集, pp.49-54, 京都リサーチパーク, 1995年10月19日.
  81. 糀谷 和人, 前田 晴美, 西田 豊明, 弱構造知識メディアを用いた 情報ベース構築支援. 電子情報通信学会技術研究報告,Vol.95, No.265, pp.63-70, 電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会-特集シ ンポジウム「メディアと知識処理」- , 産業振興会舘, 1995年9月13日.

博士論文

  1. 前田 晴美, 日常記憶の共有支援に関する研究. 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士(工学)論文. 1998年2月. 博士学位論文要旨

修士論文

  1. Harumi Maeda, An Investigation into the Production of a Graphic Browser for the Bartholomew's Digital Map Database. MSc Dissertation. Department of Computation, University of Manchester Institute of Science and Technology. 1993年11月.

短評・書評等

  1. 村上 晴美, 集会報告 SIGIR 2017: 第40回ACM Internationacl SIGIR Conference, 情報管理, 2017(予定).
  2. 村上 晴美, 書評「情報検索の認知的転回:情報捜索と情報検索の統合」, 図書館界, Vol.60, No.3, pp.198-199, 2008年9月.
  3. 村上 晴美, じんもんこんと私, 情報処理学会「人文科学とコンピュータ研究会」全国征覇記念誌, pp.41-42, 2007年 1月26日.
  4. 前田 晴美(現姓 村上), 日常記憶の共有支援に関する研究, 特集: 人工知能分野における博士論文, 人工知能学会誌 15巻1号, p.96, 2000.
  5. 前田 晴美, 全文検索(学術情報センター編), 新刊紹介, 図書館界vol.51, No.1, p.17, 1999.
  6. 前田 晴美, 知的情報整理, 技術解説, 教育情報システム学会誌, Vol.15, No.3, 1998 秋.

招待講演等

  1. 村上 晴美, 初心者向け情報検索チュートリアル, 情報アクセスシンポジウム, 東京大学, 2010年9月27日.
  2. 上田 洋, 村上 晴美, 辰巳 昭治, 著者名典拠作成の自動化を目指して, TP & Dフォーラム2010, からすま京都ホテル, 2010年8月20日.
  3. 村上 晴美, 個人の人生の記録, 関西学院大学総合科目B, 2010年7月8日.
  4. 村上 晴美, 大阪市立大学における都市情報学, 情報処理学会研究報告, Vol.2010-EIP-047, 情報処理学会第47回電子化知的財産・社会基盤研究会, 大阪市立大学, 2010年2月19日.
  5. 村上 晴美, テキストからの自己と他者の理解の試み, 第43回認知心理学研究会, 大阪市立大学, 2006年12月16日.
  6. 村上 晴美, 大阪市立大学学術情報総合センターにおける基盤支援システム, 私立短期大学東海・北陸地区図書館協議会平成18年度総大会講演会, 十八楼, 2006年8月30日.
  7. 村上 晴美, Webの世界 -インターネットと情報検索-, 平成17年度マルチメディア研修, 大阪市立総合生涯学習センター, 2005年12月19日.
  8. 村上 晴美, 平田 高志, 上田 洋, Subject World: 異なる概念体系の統合と可視化の試み, 日本図書館研究会整理技術グループ5月月例研究会, 大阪市立浪速人権文化センター, 2005年5月21日. (記録は, 報告(整理技術研究グループ月例研究会報告, 図書館界, Vol.57, No.3, pp.202-203, 2005.) として掲載された.)
  9. 村上 晴美, 研究紹介:Subject World, 国立国会図書館東京本館, 2005年3月18日.
  10. 村上 晴美, 連想と視覚化:記憶の社会的蓄積にむけて, 国立国会図書館関西館, 2004年12月15日.
  11. 村上 晴美, インターネットと情報検索, 大阪市立総合生涯学習センター, 2004年11月19日.
  12. 村上 晴美, 日常生活における記憶の解明と構築に関する研究, S社, 2004年6月30日.
  13. 村上 晴美, 情報メディアとしてのコンピュータ:記憶をみる, 大 阪市立大学創造都市研究科連続シンポジウム, 大阪市立大学, 2002年11月20日. (配布資料)
  14. 村上 晴美, 日常生活における記憶の解明と構築に関する研究, 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科知能情報処理学講座講演会, 2002年5月24日.
  15. 村上 晴美, 日常生活における記憶の解明と構築, 京都大学大学院文学研究科心理学研究室読書会講演会, 京大会館, 2002年3月25日.
  16. 村上 晴美, 日常生活における記憶の解明と構築 - 日本人の歌の記憶と好み -, 神戸大学国際文化学部情報論講演会, 2001年11月30日.
  17. 村上 晴美, インターネットと情報検索 - Web情報検索を中心に -, 大阪市立大学学術情報総合センター研修報告会講演, 2000年11月16日.
  18. 倉田 敬子(司会), 岸田 和明, 野末 俊比古, 村上 晴美(パネリスト), インターネット時代における情報検索:研究・教育2つの側面からの新たな展開, 1999年度図書館情報学会研究大会シンポジウム, 第47回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, pp.94-100, 大阪市立大学, 1999年11月7日. (記録は, 学会記事(第47回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム記録, 日本図書館情報学会誌, Vol.45, No.4, pp.174-191, 2000.) として掲載された.)
  19. 前田 晴美, 日常記憶の共有支援に関する研究, 第2回けいはんなI3研究会, けいはんなプラザ, 1998年8月6日.
  20. 前田 晴美, 日常記憶の共有支援に関する研究, 防衛大学校情報工学科, 1998年3月.
  21. 前田 晴美, 日常記憶の構築と共有支援, 中京大学情報科学部, 1998年3月5日.
  22. Harumi Maeda, Graphic Browser for Barts Data, Barts Data Seminar, Exeter University, 1993年5月.

他発表

  1. 酒井 哲也(企画), 江口 浩二, 加藤 誠, 馬場 雪乃, 榎 美紀, 村上 晴美, 藤田 澄男, 酒井 哲也(講演), 企画セッション「私が愛したSIGIR paper」, DEIM 2017 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第15回日本データベース学会年次大会), 高山グリーンホテル, 2017年3月7日.
  2. 村上 晴美, inspired - 都市・大阪〈文化資源・社会調査〉資料検索 萬年社コレクション, エルライブラリー資料を中心に, 「大阪市立大学戦略的研究 重点研究(B)シンポジウム2014 文化資源・社会調査データアーカイブの構築と展開の可能性」, 大阪市立大学, 2015年1月30日.
  3. 村上 晴美, 研究紹介:個人の人生の記録, 西日本NLP勉強会, 広島市立大学, 2013年10月31日.
  4. 村上 晴美, 私の研究(話題提供), 第4回生命学研究会, 立命館大学, 2008年3月22日.
  5. 谷口 高士(企画), 後藤 靖宏(司会), 村上 晴美, 石川 悟, 菅野 禎盛(話題提供), ワークショップ: 今、音楽心理学がおもしろい(2), 日本心理学会第65回大会発表論文集, S44, 筑波大学, 2001年11月8日.
  6. 前田 晴美, 平田 高志, 西田 豊明, 人間の知識のための知識共有システムCoMeMo, EAGL技術移転交流会, 奈良先端科学技術大学院大学, 1997年5月19日.
  7. 前田 晴美, 梶原 史雄, 足立 秀和, 沢田 篤史, 武田 英明, 西田 豊明, コミュニティにおける情報共有の支援 - ICMAS'96 Mobile Assistant Project 情報共有サービス -, 4大学プロジェクト・ミーティング, 奈良先端科学技術大学院大学, 1997年1月27日.
  8. 前田 晴美, 糀谷 和人, 西田 豊明, 連想表現に基づく情報収集・整理・分析支援システム, 4大学プロジェクト・ミーティング, 生駒セミナーハウス, 1995年12月21日.

報道等

  1. 珍しい本がいっぱい!大阪市立大学の図書館, 浜村淳の大阪夢散歩, 関西テレビ, 2005年1月23日. 大阪市大携帯OPACが紹介されました。私は後姿と手のみ出演
  2. 村上 晴美, デジタルな人生の記録, 毎日新聞(大阪朝刊), 2003年12月26日. 私の写真付
  3. 国際会議 携帯型端末で支援, サンケイ新聞, 1996年12月1日. ICMAS'96プロジェクトの紹介です。私の写真付
  4. 携帯端末で討論や観光案内, 京都新聞, 1996年11月22日. ICMAS'96プロジェクトの紹介です。私の写真付
  5. 携帯コンピュータで連携, 朝日新聞(南京都), 1996年11月26日. ICMAS'96プロジェクトの紹介です。

ご注意

1998年3月までの文献は前田 晴美 (Harumi Maeda)の名前で発表されています。

ここにある電子原稿のほとんどは、最終校正前のプレプリントをPDF化した ものであり、出版された原稿とは異なることをご了承ください。具体的には、 フォント、レイアウト、画像の鮮明さ、ページ表記などが異なることがありま す。また、誤字・脱字などが未修正のものが含まれます。また、PDFの多くは日本語のフォントを埋め込んでおりませんので、環境によっては文字化けすることがあります。

別刷や出版された原稿のコピーをご希望の場合には、お気軽にご連絡ください。

Google Scholar Citations

DBLP Harumi Murakami | Harumi Maeda

ACM Digital Library Harumi Murakami | Harumi Maeda

Scopus Murakami, Harumi | Maeda, Harumi

大阪市立大学研究者要覧

MENU
CLOSE