村上晴美研究室

Subject World
Subject Wolrd - 主題の世界-

screen 拡大画面

Subject(主題/件名)による図書館資料をはじめとする情報検索のために、世の中に存在する用語(概念)体系の統合、可視化を目指しています。扱う概念体系として, 図書館の世界に存在する件名(BSH4)や分類(NDC9)を対象としています。

研究のポイント

  • 図書館情報学と情報工学の学際研究です。
  • 図書館情報学への学術的貢献及び図書館の実用システムの構築に関する社会的貢献を 目指しています。
  • 図書館の世界に存在する実データの取り扱い手法が研究の中心です。
  • 図書館情報学的に正当な件名や分類の表示方法を追及するよりも、 やや厳密性にはかけますが、ユーザにとって直観的にわかりやすい 表示方法を検討しています。
  • (1)異なる概念体系の統合と、(2)視覚的な連想インターフェースが、現在 のシステムの特徴です。

こんなことに使えることを目指しています

  • 分類や件名の世界を探訪するために
  • OPACにどのような言葉を入力をすればよいか知るために
  • ネットサーフィンするような探索的な検索を助けるために
  • etc...

検索機能概要

  1. 件名検索:オブジェクトを選択して「件名」ボタンを押すと、関連する件名を検索します。
  2. 分類検索:オブジェクトを選択して「分類」ボタンを押すと、関連する分類を検索します。
  3. OPAC:オブジェクトを選択して「OPAC」ボタンを押すと、大阪市大OPAC蔵書検索を行います。オブジェクトが件名(BSH4)の場合には「蔵書件名検索」、分類(NDC9)である場合には「蔵書分類検索」、その他件名標目あるいは未同定語である場合には「蔵書キーワード検索」を行います。
  4. Amazon検索:オブジェクトを選択して「Amazon」ボタンを押すと、Amazon和書検索を行います。
  5. Web検索:オブジェクトを選択して「Web」ボタンを押すと、Google検索を行います。

Subject World デモ

現在デモは動作しておりません。以下は過去の情報です。

ヘルプ

件名(BSH4)と分類(NDC9)を用いた大阪市大OPAC検索, Amazon書籍検索、 Google検索機能を持つ視覚化システムです。PCからのみ動作します。

動画デモ(avi)

AVIファイルの再生のために、Media Playerなどが必要です。

モバイルSubject World デモ

現在デモは動作しておりません。以下は過去の情報です。

ヘルプ

件名(BSH4)と分類(NDC9)を用いた大阪市大OPAC検索, Amazon情報表示機能, 配置画像表示機能を持つ携帯OPACです。PCから普通のOPACとしての利用も可能です。

名前には、携帯電話上で動作するSubject Worldという意味をこめています。携帯にあわせて概念はリスト表示にしています。

Special Thanks...

  • BSH4及びNDC9に関しては、正規版を購入の上、ネットワーク利用に関して日本図書館協会から許可を得ています。

Publications
研究発表

論文誌(査読付)

  1. Hiroshi Ueda, Harumi Murakami and Shoji Tatsumi, Suggesting Subject Headings using Web Information Sources, Far East Journal of Experimental and Theoretical Artificial Intelligence, Vol.2, No.1, pp.25-45, August 2008.

国際会議(査読付)

  1. Harumi Murakami, Zhenguo Tang, Atsushi Kurihara, Design and Implementation of System for Exploring Subject Headings, Proceedings of the 78th ASIS&T Annual Meeting, Vol.51, Hyatt Regency St. Louis at the Arch, St. Louis, USA, 9 November 2015. https://doi.org/10.1002/pra2.2015.145052010086
  2. Hiroshi Ueda and Harumi Murakami, Suggesting Japanese Subject Headings using Web Information Resources, ASIS&T 2006 Proceedings of the 69th Annual Meeting, Vol.43, Austin, United States, 2006年11月6日 https://doi.org/10.1002/meet.14504301228
  3. Harumi Murakami, Hiroshi Ueda and Takashi Hirata, An approach to Exploring Subject Headings and Classifications, World Library and Information Congress: 72nd IFLA general Conference and Councel, Seoul, Korea, August, 2006年8月22,23日.
  4. MURAKAMI Harumi, HIRATA Takashi and KITA Katsuichi, Subject World: A System for Visualizing OPAC, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, pp.237-240, 及び, Proceedings of PNC Annual Conference and Joint Meetings 2002, 大阪市立大学, 2002年9月22日.

解説(招待)(緩やかな査読付)

  1. 村上 晴美, 平田 高志, 上田 洋, Subject World-主題の世界-, 情報の科学と技術, Vol. 54, No. 11, p. 568-574, 2004年11月. https://doi.org/10.18919/jkg.54.11_568

紀要論文・テクニカルレポート(緩やかな査読付)

  1. 村上 晴美, 図書館情報学部門村上研究室における基盤支援システム, 大阪市立大学学術情報総合センター紀要・情報学研究, 第6巻, pp.23-26, 2005年3月.
  2. 村上 晴美, 上田 洋, Subject World新機能 - NDC検索, 書籍検索, Web検索 -, 情報学, Vol.1, No.1, 2004年3月. (0.5MB) (8MB)

学会発表

  1. 村上 晴美, 唐 振国, 栗原 篤, 件名標目の可視化デザインの調査と試作, 2015年度日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集, pp.41-44, 京都ノートルダム女子大学, 2015年5月30日.
  2. 上田 洋, 村上 晴美, 蔵書検索のためのWeb情報源を用いた件名の 提案, 情報処理学会研究報告 Vol.2006, No.59, pp.17-24, 情報処理学会第83 回情報学基礎研究会, 首都大学東京, 2006年5月30日.
  3. 上田 洋, 村上 晴美, Web情報資源を用いた件名と分類の提案, 日本図書館情報学会, 三田図書館・情報学会合同研究大会発表要綱2005, pp.157-160, 慶應義塾大学, 2005年10月23日.
  4. 上田 洋, 村上 晴美, 携帯OPACの高度化 - 主題検索, 配置画像表示, 内容表示機能の試作 -, 2005年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱, pp.67-70, 専修大学, 2005年5月28日.
  5. 上田 洋, 村上 晴美, 関連語提示機能付携帯OPACの試作, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, pp.189-194, 立命館大学, 2004年12月10日.
  6. 村上 晴美, 上田 洋, Subject Worldにおける概念体系表示のための一検討 - BSH4の表示方式 -, 情報処理学会研究報告 Vol.2004, No.78, pp.55-60, 情報処理学会第63回人文科学とコンピュータ研究会, 岩手大学, 2004年7月30日.
  7. 村上 晴美, 平田 高志, 北 克一, 主題検索のためのOPAC動的可視化システム, 第49回日本図書館情報学会研究大会, pp.79-82, 愛知淑徳大学, 2001年10月21日.
  8. 村上 晴美, 平田 高志, 北 克一, Subject World: 主題の世界 - 異なる概念体系の統合に基づく主題検索を目指して -, 情報処理学会第62回 (平成13年前期)全国大会講演論文集(3), pp.211-212, 慶應義塾大学, 2001年3 月14日.

招待講演等

  1. 村上 晴美, 大阪市立大学学術情報総合センターにおける基盤支援システム, 私立短期大学東海・北陸地区図書館協議会平成18年度総大会講演会, 十八楼, 2006年8月30日.
  2. 村上 晴美, 平田 高志, 上田 洋, Subject World: 異なる概念体系の統合と可視化の試み, 日本図書館研究会整理技術グループ5月月例研究会, 大阪市立浪速人権文化センター, 2005年5月21日. (記録は, 報告(整理技術研究グループ月例研究会報告, 図書館界, Vol.57, No.3, pp.202-203, 2005.) として掲載された.)
  3. 村上 晴美, 研究紹介:Subject World, 国立国会図書館東京本館, 2005年3月18日.
  4. 村上 晴美, 連想と視覚化:記憶の社会的蓄積にむけて, 国立国会図書館関西館, 2004年12月15日.

ご注意

ここにある電子原稿のほとんどは、最終校正前のプレプリントをPDF化した ものであり、出版された原稿とは異なることをご了承ください。具体的には、 フォント、レイアウト、画像の鮮明さ、ページ表記などが異なることがありま す。また、誤字・脱字などが未修正のものが含まれます。また、PDFの多くは日本語のフォントを埋め込んでおりませんので、環境によっては文字化けすることがあります。

別刷や出版された原稿のコピーをご希望の場合には、お気軽にご連絡ください。

Google Scholar Citations

DBLP Harumi Murakami | Harumi Maeda

ACM Digital Library Harumi Murakami | Harumi Maeda

Scopus Murakami, Harumi | Maeda, Harumi

大阪市立大学研究者総覧

MENU
CLOSE