村上晴美研究室

Profile
略歴

昭和39(1964)
年1月
東京都世田谷区生まれ. 本籍は大阪市.
昭和57(1982)
年3月
大阪府立生野高等学校 卒業.
同年 4月 京都大学文学部 入学.
昭和61(1986)
年3月
京都大学文学部哲学科心理学専攻 卒業.
卒業論文「長期記憶における忘却と構成 - 歌の記憶 -」
同年 4月 富士通株式会社 入社.
システムエンジニアとして消防地図検索システムの企画・研究・開発に従事.
平成4(1992)
年10月
英国 UMIST(マンチェスター科学技術大学)計算機学科 修士課程 入学.
平成6(1994)
年2月
英国 UMIST計算機学科 修士課程 修了, Master of Science (理学修士) in Computation.
MSc Dissertation (修士論文) "An Investigation into the Production of a Graphic Browser for the Bartholomew's Digital Map Database." 学位はVictoria University of Manchester(マンチェスター大学)より取得.
平成7(1995)
年3月
富士通株式会社 退社.
同年 4月 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 博士後期課程 入学 (情報処理学専攻 知能情報処理学講座).
平成9(1997)
年4月
日本学術振興会 特別研究員 DC2 (平成10年3月まで).
平成10(1998)
年3月
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 博士後期課程 修了, 博士(工学).
博士論文「日常記憶の共有支援に関する研究」
同年 4月 大阪市立大学 学術情報総合センター 講師 (図書館情報学部門).
平成13(2001)
年10月
大阪市立大学 学術情報総合センター 助教授 (図書館情報学部門).
平成15(2003)
年4月
大阪市立大学 大学院創造都市研究科 助教授 (都市情報学専攻情報メディア環境研究分野) 兼 学術情報総合センター(図書館情報学部門). [所属変更]
平成19(2007)
年4月
大阪市立大学 大学院創造都市研究科 教授 (都市情報学専攻情報メディア環境研究分野) 兼 学術情報総合センター (図書館情報学部門).
平成20(2008)
年4月
大阪市立大学 大学院創造都市研究科 教授 (都市情報学専攻情報システム創成研究分野) 兼 学術情報総合センター (図書館情報学部門)[所属変更], 現在に至る.
平成27(2015)
年4月
大阪市立大学 学術情報総合センター 副所長, 現在に至る.
MENU
CLOSE